--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-21(Sun)

網走旅行編【10】

屈斜路湖を後にした我々、お次に目指すは摩周湖。
一般的には霧で有名な湖だけど、その透明度から青以外の光の反射が少なく、
よく晴れた日の湖面の色は 「摩周ブルー」 と呼ばれるほど美しいんだとか。

摩周湖に向かう道中、両脇に大きく広がる牧草地。
この景色があるということは…おおぉーやっぱりいたよお馬さん(*´∀`) +゚



紐でもついてるんじゃないの?ってくらい、母馬にぴったり寄り添う仔馬たち。
お馬の親子は仲良しこよし~♪ と歌にもある通り、本当に仲が良い。
一箇所に集まって何かを待っているかのような様子に一瞬 「?」 となるも、
道路の対面に牧場を発見して納得。 あーお迎えを待ってたわけだね。

お馬の親子に癒されつつドライブ、ほどなく摩周湖の第一展望台に到着。
摩周湖はアイヌ語で 「山の神の湖」 という意味を持つという、
日本で最も透明度の高いカルデラ湖だ (世界ではバイカル湖についで2番目)。



山肌にくっきりと映りこむ雲の影。
霧のかかってない摩周湖を見ると婚期が遅れるなんて話もあるらしい?けど、
この日は本当に素晴らしい摩周ブルーを拝むことができた。



岸際をみてもらえると、その透明度の高さがおわかり頂けるのではないかと。



ちなみにこの摩周湖、流入・流出河川がない閉鎖湖で樹木も存在しないため、
法的には湖ではなく 巨大な 「水たまり」 扱いなんだとか。
こんなに大きくてしかも湖と名前がついているのに、ちょっと面白いよね。

さて、YAM旅ではもはやお約束になっているご当地ソフトクリーム紹介。
ここ第一展望台では摩周湖ブルーソフトなるものを発見、さっそく食してみた。



見た目は、道の駅網走で紹介した流氷ソフトに近いけど、味はちょっと違う。
青いリキュール (ブルーキュラソー?) で色付けされたそれは
見た目にも涼やかで、さっぱりとした口ざわりもなかなか美味じゃないかな。
個人的には流氷ソフトの方がオススメだけど、これはこれで良い。

しっかりと摩周湖の美しさを堪能したところで、今夜の宿に向けて出発ー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ一覧
最新コメント
Blog内検索
旅行記&長編
★日高札幌旅行編
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20

★網走旅行編
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16

★銚子日帰り旅行編
01 02 03 04 05 06

★ヱビススペシャルデー編
01 02 03 04

★那須旅行編
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18

★帯広旅行編
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17

★ブリーズアップセール編
01 02 03 04 05 06 07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。