--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-01(Thu)

日高札幌旅行編【4】

ととろーどで生命感あふれるサケの遡上を楽しんだ後に我々が向かったのは、
競走馬のふるさと案内所、十勝案内所。



ここでは現役の種牡馬 (競走馬の父として種付けを行う馬) のほか、
過去に競馬場で活躍し、今は功労馬として余生を過ごす馬にも会うことができる。



以前こちらに立ち寄った際、管理者のNさんにお世話になった我々。
今回はNさんへのご挨拶かたがた、ここにいる馬達に会いに行ったというわけ。
我々が訪問した時間帯に残念ながらNさんはご不在だったけど、
馬達は自由に見学して良いといっていただけたので、いそいそと放牧地へ。



我々に気付いてまず近づいてきたのが、イシノサンデー(画像上)。
1996年の皐月賞馬で、あの大種牡馬サンデーサイレンスの2年目の産駒。
今年17歳になるが、まだ現役の種牡馬を続けている。

そしてこちら (画像下) が、ダイナマイトダディ。
GIには一歩手が届かなかったが重賞3勝、未だにファンの多い馬だ。



なんかおくれーと前脚をカキカキ。
ダディは20歳を超えているはずだけどこの通り、まだまだ元気いっぱい。
ちなみにこの子、放牧地から厩舎に戻す際、自分が最後にされると
寂しさで泣き喚くらしい。 かわええのうw



そしてこの馬がエアジハード (画像下)。
1999年に安田記念とマイルCSという、1600mのGIを2つも勝った名馬。



3頭にそれぞれ、持参のニンジンをこっそりあげてみた。
画像はエアジハード。



今回会えたのは3頭とも栗毛だったよ。
以前お邪魔した時は、芦毛のハクタイセイや鹿毛のフサイチソニックがいて
カラフルだったんだけどねー、栗毛好きだけど見分けつけづらい^^;



余談ながら…エアジハードの馬の父・サクラユタカオーにも数年前会いに
いったんだけど、あの子も人なつっこくてかわいかったなぁ。
そのユタカオーは去年11月に亡くなったんだよね、本当にお疲れ様でした。

Nさんに会えなかったのは残念だったけど、かわいい馬達に癒されホワワ。
さて、では今夜の宿に向けて出発しますか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ一覧
最新コメント
Blog内検索
旅行記&長編
★日高札幌旅行編
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20

★網走旅行編
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16

★銚子日帰り旅行編
01 02 03 04 05 06

★ヱビススペシャルデー編
01 02 03 04

★那須旅行編
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18

★帯広旅行編
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17

★ブリーズアップセール編
01 02 03 04 05 06 07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。